きえ太郎Z

天然物系 農業用生分解性マルチフィルム きえ太郎Z
  • 特設ページへ
  • 生分解性マルチきえ太郎Zカタログダウンロードへ
「きえ太郎Z」は、土中の微生物の働きにより炭酸ガスに完全分解されるマルチです。使用後は、そのまま土にすき込むだけ。環境にやさしい省力化資材です。

「きえ太郎Z」まだ使ってないの~?!
導入おすすめ5大ポイント
生分解性マルチきえ太郎Z
  1. 回収の苦労いらず 土中にすき込むだけ
  2. 廃棄物なし! 廃棄処理費用がゼロに
  3. 一般的な生分解マルチより薄いので軽い!
  4. 土中で水と炭酸ガスに分解 環境にやさしい
  5. マルチャーで展張OK
栽培事例 スイートコーン、枝豆(茶豆)、カボチャ、大根、里芋、冬レタス、パイナップル、オクラ、その他
きえ太郎Zの特長 特長1 回収の苦労いらず 土中にすき込むだけ 回収の苦労いらず 土中にすき込むだけ使用後はそのまま すき込むことができます。はぎ取りが不要で、作業を省力化することができます。 後片付けが格段に楽になります 特長2 廃棄物なし! 廃棄処理費用がゼロに廃棄物なし! 廃棄処理費用がゼロにすき込み後は、土中で完全分解するため廃棄処理が不要です。廃プラ排出量の削減に寄与できます。
一般マルチと比較して購入価格は割高ですが、廃プラ処理経費が年々高騰傾向の中、ランニングコストを含めたトータルコストで生分解性マルチ「きえ太郎Z」を選ぶ人が増えています。
特長3 一般的な生分解マルチより薄いので軽い!一般的な生分解マルチより薄いので軽い!サンテーラの生分解性マルチの厚みは0.015mm。
一般的な生分解マルチ(0.018mm)より薄く軽量です。数字で見ると僅差ですが「チリも積もれば山となる」で取り扱う量が多くなるとその違いを実感します。
軽量だから腰や腕にかかる毎日の作業負担を軽減します!
厚みが薄いから、軽い 特長4 土中で水と炭酸ガスに分解 環境にやさしい分解性生分解性マルチきえ太郎Zは最終的に二酸化炭素と水となって自然界へと循環していく仕組みです。
近年、使用済みプラスチック(廃プラ)の問題が海洋生物への影響などから取り上げられる事が多くなり、これらの課題を解決していこうという意識が急速に高まっています。
きえ太郎Zが分解されるまで 特長5 マルチャーで展張OKマルチャーで展張OK薄くても、マルチャーで展張ができます。一般的な生分解性マルチ(0.018mm)とほぼ同等の強度があります。


きえ太郎Zが分解されるまで きえ太郎Zが分解されるまで グリーンプラマーク日本バイオプラスチック協会認証のグリーンプラマークを取得しています。
生分解とは、単にプラスチックがバラバラになることではなく、微生物の働きにより、分子レベルまで分解し、最終的には二酸化炭素と水となって自然界へと循環していく性質をいいます。「グリーンプラ」の生分解度は、国際的に規定された試験方法と、定められた基準により審査されます。さらに、重金属等の含有物、分解過程(分解中間物)での安全性などの基準をクリアした製品だけが、グリーンプラマークをつけることができます。

日本バイオプラスチック協会 「生分解性プラスチックの定義 」より引用(http://www.jbpaweb.net/gp/)


原料について 主原料のマタービーはイタリア・ノバモント社が開発した、欧州・豪州で最も使用実績の多い生分解性マルチの原料です。トウモロコシ澱粉や植物由来の樹脂が主な原料です。
ノバモント社が作成した生分解性マルチのプロモーションビデオ(約4分)が公開されています。原料の製造工程から栽培事例に及ぶものです。※海外と日本国内では取り扱いサイズが異なります。


規格
種類 厚み(mm) 幅(mm) 長さ(m)
0.015 950/1350 200
透明
種類 特長 注意点
●雑草を抑制する効果が高い。
●温暖地での春作・夏作・秋作に向いている。
透明に比べて地温上昇効果は低い。
透明 ●地温を上げる効果が高い
●寒冷地での使用、温暖地での春の早植え・冬作に向いている。
全光線透過率が高く雑草が生えることがあります。
その他の規格、有孔品につきましてはお問合せください。
本製品は受注生産となります。


黒 透明

生分解性マルチ「きえ太郎Z」の透明と黒の比較


きえ太郎Zの透明は、ポリマルチの透明と比較して半透明になっています。 「きえ太郎Z」ご使用上の注意 本製品は、土中の微生物の働きで完全分解することが特長の製品です。
圃場条件により分解の速度は異なります。生分解性マルチの特性としてご理解ください。
(圃場条件:気温、水分、紫外線をはじめ、圃場の土質、微生物の生息状況、肥料の種類など)

〇早期破れのご注意(10日~ 3週間で破れた事例があります)
次のような状況や条件下では、特にフィルムの劣化・分解を促進し、展張後短期間で破れが起る可能性があります。
  • 水田の後作や長雨など、水分量の過剰な圃場での使用
  • フィルム押さえ部以外への過剰な覆土
  • 夏季やハウス内での使用など、高温となる時期・場所での使用
  • 有機肥料や堆肥を多く使ったり、作物残渣が多い圃場での使用
  • 微生物活性剤をお使いの圃場での使用

  • ※土壌消毒剤はマルチの劣化を急激に招くことがあります。展張の直前直後の使用は避けてください。

破れが発生した場合は、土寄せにより破れ部分を押さえるようにし、フィルムが飛ばされないようにご対応ください。早期破れによる作物などへの損害につきましては、当社製品に製造上の過失がある場合を除いて、当社賠償の責は負いかねますのでご了承ください。

〇保管について
・生分解性マルチの特性上、長期保管が出来ません。購入後は速やかに使用してください。
・使用直前に開封し、一度開封したマルチは残さず使い切ってください。
・一時保管をする時は、高温・多湿の状態や直射日光を避けてください。水分、熱、紫外線により分解が進みフィルム強度が低下する恐れがあります。

〇展張時の注意
・整地をていねいに行い、風がない日に行ってください。
・ポリマルチに比べ、強く引張ると裂ける恐れがあります。
・少し緩めの展張を心がけてください。展張速度を落とす、押さえを緩くするなど調整をお願いします。

・夏季の展張では、フィルムに熱がかかることでマルチが縮み、展張後に破断することがあります。展張の際のフィルムのテンションにはご注意ください。
・冬季の展張では、低温によりマルチが硬くなり裂けやすくなることがあります。お取り扱いにはご注意ください。

〇展張後の注意
・ポリマルチに比べ、やや保水性が低く土壌が乾きやすくなります。土壌の水分量にご注意ください。
・地際から分解が始まりますので、風が入り込んでフィルムが飛ばされることがあります。
・マルチの上や地際の上を歩くと破れる恐れがあります。

〇使用後のすき込みについて
・土壌へのすき込みは、飛散防止と分解促進のためフィルムが表面に出ないように十分に行ってください。複数回のすき込みがおすすめです。
・ロータリーをかける時、逆転ロータリーを使用するとマルチを土の中に鋤き込みやすくなります。
・天候・気象により、劣化が遅れる場合があります。ロータリーへの巻き付きを防ぐため、劣化具合を確認の上すき込みを行ってください。


本製品は農業用マルチフィルムです。他の用途には使用しないでください。
マルチ以外の使用につきましては不法投棄などで処罰される可能性があります。

きえ太郎チラシ 2021/1/8更新

お気軽にご相談ください

  • お問合せ
  • 製品カタログダウンロード
メニュー