調光を使用しミニトマトの萎れ低減を実感。北海道有珠郡壮瞥町 新藤農園様

調光を使用しミニトマトの萎れ低減を実感。北海道有珠郡壮瞥町 新藤農園様

お話を伺った新藤様(左)とホクレン丹野様

オロフレトマト 今回は北海道有珠郡壮瞥町から黄色い色が特徴のイエローミニトマトを生産している新藤吉美様をご紹介いたします。
壮瞥町は昭和新山・有珠山を有する観光と農業の町で、全国的にも有名な観光スポットの洞爺湖にも隣接しています。

また昭和の大横綱で一代年寄としても著名な北の湖親方は、壮瞥町の名誉町民です。
営農歴30年を誇るベテラン生産者の新藤様は先祖から受け継がれたこの土地を守る4代目、今回ご紹介するイエローミニトマトの他にもオロフレトマト(地熱エネルギーを利用したブランドトマト)、水稲等を栽培しています。

調光の導入はJAからの紹介 調光導入のきっかけは地元のJAとうや湖とホクレン担当者からの紹介です。
もともと遮光ネットを掛けずに栽培していましたが、夏場の高温対策として梨地調のフィルムの導入を検討していました。
そんな中で調光の紹介を受けて導入を決められました。

イエローミニトマトはハウス4棟で約15a(アール)の作付けです。

2018年は、従来から使用している透明フィルムのハウス(以下「透明区」)を2棟、他社梨地調フィルムのハウスを1棟、そして調光フィルムのハウス(以下、「調光区」)を1棟にて栽培しました。

調光ハウス ハウス内部

調光で萎れが低減し、作業性は良好でした。 2018年は、天候不順と天災との闘いにくれた1年でした。
6月から7月にかけては例年にない長雨が続き、9月には台風が襲来、そして9月6日には北海道胆振東部地震の発生と、農業関係者が不安を感じる出来事が次々と発生しました。
そのような中ですが、新藤様の営農においては、イエローミニトマトを2018年5月上旬にハウス内に定植。また調光の展張を6月上旬に実施。以降の栽培作業が順調に展開されていきました。

7月下旬の高温時には、
「透明区でトマトの萎れが発生しているが、調光区では萎れが低減していました。またハウス内での作業も、慣行区に比べて涼しさを体感でき、作業性の改善が実感できました」
との評価をいただきました。
天候不順が影響し、2018年の収量は例年より全体的に落ち込んでいるとのことですが、
「ハウス別に見ると、透明区や他社梨地調フィルムよりも調光区の方が収量が多かったです。」
との有難いお言葉をいただきました。

果実写真 ハウス内部

息子さんもご実家で就農しており、ますます営農に活気付く新藤様です。
極力、無農薬・低農薬にて栽培することを信条とされており、その分時間と手間暇をかけて作物と向き合っておられました。
大変お忙しい中の取材でしたが、お時間を作っていただき誠にありがとうございました。
来年以降も益々のご活躍をお祈り申し上げます。

PageTop