アスパラガスの遮光を省略 収量アップも 佐賀県鳥栖市 増田様

アスパラガスの遮光を省略 収量アップも 佐賀県鳥栖市 増田様

2019年春芽の様子。2019年春芽の様子。 佐賀県は日本のアスパラガス収穫量 国内第2位。約10%のシェアを占めています(2018年度)。その最東部に位置する鳥栖市で、増田様はハウスアスパラガスをメインに、様々な野菜を栽培しています。ホワイトアスパラガスも栽培していて、鳥栖市内での作付けは増田様だけ。希少価値が高く、地域からも注目されています。おいしく食べて頂くため、鮮度を大切にしているそうです。

"夏場のダメージ軽減"のため、2018年から調光、調光ライトを使用しています。ご感想を伺いました。

夏の暑さ対策の手間を減らしたい -調光に興味を持たれたのはなぜですか?
増田様:夏場のダメージ軽減のためです。これまで、夏は遮光ネットを使って暑さ対策をしていました。
ハウスの天井を調光にすることで、この手間を省略できたらと考えました。ダメージが軽減することで、収量アップの期待もありました。

-夏場の対策は、手間がかかるのですね。
増田様:そうですね。天候を見ながら遮光ネットを張って秋にはまた片付けをしますが、けっこう手間がかかります。
遮光ネットを使用する前は、反射材をフィルムに吹き付けて対策していました。
この場合は片付けが不要ですが、吹き付けた反射材が落ち切らず年々汚れが気になっていました。
こういった手間を減らせるとなれば、楽になりますね。

-逆に、導入にあたり心配事はありましたか?
増田様:夏場のダメージ軽減の反面、光量が減り収量が減少することを心配しました。それに加えて、実際にフィルムの色が白から透明に戻るのかも確認したいと思っていました。

効果を実感!収量も5~10%アップ -実際に使ってみて、どうでしたか?
増田様:親茎の育ち具合から、夏場のダメージ軽減を実感しました。
収量は落ちずにむしろ増収したので、心配していた光量が不足することはなかったと思います。
はじめ調光とは遮光・遮熱するイメージだったので、ハウス内温度が下がるものだと思っていました。
実際には温度が変わらないものの葉焼けが抑えられ、調光(調光ライト)の散乱光は遮光・遮熱とは違う事を体感し、驚きました。

-収量にはどれくらい影響がありましたか?
増田様:5~10%くらい増収しました。夏のダメージが軽減できたために、光合成量が多かったのだと考えています。または、比較した透明フィルムのハウスでは遮光ネットを使っていたので、取り入こんだ光の量が違ったのかもしれません。

調光区 無遮光
佐賀調光
透明区 無遮光
佐賀透明フィルム

2018年、2019年、ともに調光フィルム下では葉焼けの軽減を実感。
天候や管理上、焼けが出てしまうこともありますが、発生の程度に差がありました。
写真は、2018年夏の様子。

これからも使用して、見極めたい -ずばり、調光の評価はいかがでしょうか?
増田様:メリットは、遮光の手間が省略できたことですね。遮光しないので、光合成を邪魔せず葉焼けを減らすことができました。

-デメリットはありましたか?
増田様:厚い調光フィルムは伸びにくく、調光ライトと比べて扱いづらかったことですね。
1棟目には厚み0.15mmの"調光"を使いましたが、展張作業が大変でした。もともと使用していたフィルムが厚み0.10mmだったこともあり、ギャップもありました。2棟目には厚み0.10mmの"調光ライト"を使いました。
夏場のダメージ軽減効果は同様だったので、調光ライトの方が良さそうです。

-今後も調光を使いたいと思われますか?
増田様:フィルムを変えるタイミングがまだ先なのですが、是非検討したいと思います。効果は実感できたので、後は耐久性と費用対効果ですね。効果の持続性と、調光のお値段とのバランスを見極めていきたいと思います。

増田様にご利用いただくきっかけとなったのは、福岡県久留米市のアグリ技研株式会社・吉村代表取締役からのご紹介です。コメントをお寄せいただきました。

「昨今の気象条件の大きな変化に、以前の様な栽培環境では、農作物も対応出来なくなってきている面が多数見受けられます。特に夏場に栽培を迎える作物はいろんな高温障害で品質・収量低下が出て農家収入の減少と対策に伴うコスト増と成ってきています。
今回の調光はこの課題解決の一手段となればと思って試験を行い、結果に結びついたかと思っています、今後も課題解決のためにはこの様な資材は前向きな導入の時期に来たかと思っています。」

サンテーラより
調光の使用により遮光ネットを省略できたことは、石川県のトマト生産者の事例と共通しています。
※栽培作物、産地や求める効果によって、遮光ネットとの併用をおすすめしています。

今回、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を鑑みて、リモートで取材を行いました。ご協力いただきました増田様、吉村代表取締役、誠にありがとうございました。

調光つうしん No.18

PageTop